obelisk webshop

ロックファッション・バイカーファッション ロック&ラグジュアリー Obelisk & Zeitganz

CATEGORY

BRAND SITE

>Obelisk
>Zeitganz

 

HOME»  コンセプト

コンセプト

ブランド概要

ブランド概要

 

ブランド概要

 

ブランド概要

 

ブランド概要

 

ブランド概要

 

オベリスクは『日常の贅沢』をテーマに、皮革を中心とした特徴ある素材を使用し、アーティスティックでアルチザン(職人)的なモノ作りを目指すブランドです。
 
そのデザインはロックミュージシャンなど、ワイルドで奔放なライフスタイルを持つ人々をイメージしながら、何物にも束縛されない日常の中の贅沢さを表現しています。オベリスクが提案する日常の贅沢とは、大量生産の無個性で画一的なモノとは対極的に自然の個性、手作りによる人の手のぬくもり、素材そのもののもつ味わい深さを尊重し、自分らしさを追求することです。特に皮革は、素材それ自体にそうした贅沢さの要素を持っています。皮革の持つ「野性」的な要素(自然、優しさ、激しさ、おおらかさ、独自性など)の中からその時々にイメージするものをふくらませ、徹底した素材作りをするところから、オベリスクのモノ作りは始まるのです。
 
また、オベリスクのアイテムは、細部にもアルチザン的なこだわりを持っています。それぞれのボタン、バックル、ファスナーのプルトップなどはオリジナルデザインであり、また、ジーンズのステッチワークも靴職人が使う手法をとりいれるなど、オリジナリティあふれるものとなっています。デザイナーである金子 靖憲、前新 まきこは元バッグデザイナー。
その経験があればこそのデザインが各所に散りばめられ、他には類を見ないリアルクローズを生み出しています。

 

デザイナー紹介

Kaneko Yasunori

 

Kaneko Yasunori

革レザーの知識とデザイン経験豊富な金子靖憲が、オリジナルデザイン&パターンを作製。
そして、ファッションの最前線で戦い続けてきた男=金子靖憲が、あなたの最高にカッコいいカスタム・ハーレーに似合うジャケットを、あなたのためだけのOnly1の一着に仕上げてみせる。 

 

Maeara Makiko

 

Maeara Makiko

以前の勤め先で代表:金子の後輩として入社。 この奇跡的な縁により、オーナーの感性&創造性がさらにインスパイア。共にデザイナー、アーティストとして、さらに加速することとなる。それが Obelisk 立ち上げの原動力になる。 
女性的感性のデザイン×レザーファッション。他にはないオリジナリティ溢れる一着を作れるように企画・デザインに向き合っていきます。

 

Obelisk men's & Obelisk women's

オベリスクの目指すかっこよさというものは決して見た目だけではなく、その生き方です。袖を通すことにより、その人が生きてきた全てを表現できるような、内面を反映する鏡のようなアイテム。それは経験を積んだ大人だけが着ることを許されるものだと、オベリスクは考えます。
 
常にRockの流れているアトリエ、試行錯誤を重ねて出来上がった皮革や素材の数々……。造ることをまず楽しみ、そして着ることを楽しむ。オベリスクの服はそんな中から生まれてくるのです。

 

>>>Bland site

 

obelisk

 

obelisk

 

Zeitganz men's & Zeitganz ladies

服の構造をゼロにリセット。
縫製そのものをリセット。=SSF(シームレススーパーフラット製法)。縫い代のない何処にもないオリジナルのプロダクト。
パターンをリセット=平面裁断をとりいれ、立体裁断を超える新しい価値観を。

洋服の原点である古代から現代の最先端のモードまで各時代の精神、様式を、同一平面上に同価値として捉え、現代の洋服をリセットした上で、新しいミニマルアートとして再構築すること。この概念こそZeitganz(ツァイトガンツ)が考えるスーパーフラット。

 

>>>Bland site

 

Zeitganz

 

Zeitganz